泥の壁の街!世界遺産「ジェンネ旧市街」アフリカ・マリ

世界の絶景

泥の壁の街!世界遺産「ジェンネ旧市街」アフリカ・マリ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

ジェンネ旧市街/マリ

大モスクを取り囲む、日干しれんがと泥の壁の街

マリ共和国モプティ地方の都市ジェンネは、ニジェール川の中州地帯にあります。14世紀から16世紀にかけて、サハラ砂漠を横断するキャラバンのオアシスとして栄 えた交易都市です。

旧市街には、高さ20mに達する大モスクをはじめとして、泥でできたユニーク建造物が建ち並んでいます。

ジェンネ旧市街

川の泥を利用した、ユニークな建築物群

アラビア語で「天国」を意味するジェンネの街は、9世紀末にボゾ人によって建設されました。
13世紀末からはサハラ砂漠一帯の金貿易の要衝として発展し、15世紀から16世紀にかけてイスラム教が広まって繁栄を極めました。

旧市街には、ニジェール川が運ぶ泥を利用した伝統的な建物が建ち並んでいます。住民たちは泥から日干しれんがを作り、ヤシ材で組んだ骨組みにれんがを積み重ね、さらに泥を塗って外壁としました。

外壁から突き出た多数の骨組みは、修復作業の際に足場として利用されるという。 このユニークな建築方法は スーダン様式と呼ばれ、なかでも世界一の規模を誇るのが、 街のシンボルである大モスクです。1280年ごろ、イスラム教に改宗したコワ・コアンボロ王が宮殿を壊した跡地に建てたモスクで、現在の建物は 1907年に再建されたものです。

ジェンネ旧市街/街歩きのポイント

毎週月曜日には、早朝から荷物や人を満載したトラックや馬車が、モスク前の広場に集まってきます。

露天には、農産物や衣類、日用品が所狭しと並べられ、色鮮やかな民族衣装をまとった女性たちが行き交う姿は、観ているだけでも楽しいですよ。

ジェンネ旧市街

ジェンネ旧市街への行き方

首都バマコからモプティ飛行機で移動し、モプティからジェンネまでタクシーで約3時間。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin